Skip to main content
 首页 » 经典对白

死神的经典台词

2022年11月16日 07:05:049百度已收录

  第一卷:崎一护

  THEDEATHANDSTRAWBERRY死神与草莓

  我等は姿无きが故に

  それを畏れ

  我等因无形而恐惧。

  第二卷:朽木ルキア

  GOODBYEPARAKEET,GOODMYSISTA再见鹦鹉,再见我的姐妹

  人が希望を持ちえるのは

  死が目に见えぬものであるからだ

  人们之所以能怀抱希望,是因为他们看不见死亡。

  第三卷:井上织姫

  MEMORIESINTHERAIN雨中的回忆

  もしわたしが雨だったなら

  それが,永远に交わることのない

  空と大地を繋ぎ留めるように

  谁かの心を繋ぎ留めることができただろうか

  如果我是那雨滴的话。

  那么,我能够像把不曾交会的天空与大地连接起来那样。。。

  把某人的心串联起来吗

  第四卷:石田雨竜

  QUINCYARCHERHATESYOU神箭手讨厌你

  水滴のように惑星のよう

  ぼくたちは反発しあう

  磁石のように肌の色のように

  我们彼此吸引,像水滴一般,像行星一般

  我们相互排斥,像磁铁一般,像肤色一般

  第五卷:茶渡泰虎

  RIGHTARMOFTHEGIANT巨人的右臂

  剣を握らなければおまえを守れない

  剣を握ったままではおまえを抱きしめられない

  如果我手上没有剑,我就无法保护你

  如果我一直握着剑,我就无法抱紧你

  第六卷:浦原喜助

  THEDEATHTRILOGYOVERTURE死神建议三部曲

  そう、我々に运命などない

  无知と恐怖にのまれ足を踏み外したものたちだけが

  运命と呼ばれる浊流の中へと落ちてゆくのだ

  命运这种东西,我们没有

  被无知和恐惧吞没

  只有失足的人们

  才会落入被称为命运的浊流之中

  第七卷:朽木白哉

  THEBROKENCODA破碎的信息

  我々は涙を流すべきではない

  それは心に対する肉体の败北であり

  我々が心というものを

  持て余す存在であるということの

  证明に他ならないからだ

  我们不应该流泪

  那对内心来说,意味著身体的败北,

  那只是证明了我们拥有心根本是多余的

  第八卷:斩月

  THEBLADEANDME斩月与我

  锖び付けば二度と突き立てられず

  掴み损なえば我が身を裂く

  そう夸りとは刃に似ている

  一旦生了锈,就无法使用了

  要是无法再使用,我就会碎裂

  没错,所谓尊严其实跟刀是很像的

  第九卷:志波空鹤

  FOURTEENDAYSFORCONSPIRACY十四天的密谋

  ああおれたちは皆

  眼をあけたまま

  空を飞ぶ梦を见てるんだ

  啊啊,我们就这么睁着眼睛,做着飞翔在天空的梦

  第十卷:志波岩鹫

  TATTOOONTHESKY天空中的刺青

  俺达は手を伸ばす

  云を払い空を贯き

  月と火星は掴めても

  真実にはまだ届かない

  我们伸长了双臂

  拨开云层,直冲天际

  虽然触到了月亮和火星

  但仍触不到真相

  第十一卷:阿散井恋次

  ASTARANDASTRAYDOG星星与野狗

  届かぬ牙に火を灯す

  あの星を见ずに済むように

  この喉を裂いてしまわぬように

  于遥不可及的獠牙上点燃火焰

  是避免看见那些星星

  也是为了避免发出撕心的狂叫

  第十二卷:蓝染惣右介

  FLOWERONTHEPRECIPICE悬崖上的花朵

  我々が岩壁の花を美しく思うのは

  我々が岩壁に足を止めてしまうからだ

  恐れ悚れ无きその花のように

  空へと踏み出せずにいるからだ

  我们之所以觉得悬崖上的花朵美丽

  那是因为我们会在悬崖停下脚步

  而不是像那些毫不畏惧的花朵般

  能向天空踏出一步

  第十三卷:更木剑八

  THEUNDEAD不死

  夸りを一つ舍てるたび

  我らは獣に一歩近付く

  心を一つ杀すたび

  我らは獣から一歩远退く

  每舍弃尊严一次

  我们就越像是野兽

  每扼杀一颗心

  我们就远离野兽一步

  第十四卷:山田花太郎

  WITHTOWERROCKS撼动的白塔

  轧む轧む浄罪の塔

  光のごとくに世界を贯く

  揺れる揺れる背骨の塔

  堕ちてゆくのはぼくらか空か

  净罪之塔,吱嘎作响…

  就像光一般,贯穿世界

  背脊之塔,摇摇晃晃…

  不断往下坠的是我们还是天空

  第十五卷:吉良イヅル

  BEGINNINGOFTHEDEATHOFTOMORROW明日死亡的开端

  さよならを言う练习をする

  我只是在练习

  和你说再见

  第十六卷:日番谷冬狮郎

  NIGHTOFWIJNRUIT后悔之夜

  降り频る太阳の鬣が

  薄氷に残る足迹を消してゆく

  欺かれるを恐れるな

  世界は既に欺きの上にある

  不断从天而降的太阳鬃毛

  让薄冰上留下的足迹逐渐消失

  不要害怕遭到欺骗

  因为这个世界就筑在欺骗之上

  第十七卷:四枫院夜一

  RosaRublcundior,LilloCandidior比蔷薇更红,比百合更白

  血のように赤く

  骨のように白く

  孤独のように赤く

  沈黙のように白く

  獣の神経のように赤く

  神の心臓のように白く

  溶け出す憎悪のように赤く

  冻てつく伤叹のように白く

  夜を食む影のように赤く

  月を射抜く吐息のように

  白く辉き赤く散る

  像血一样鲜红

  像骨头一样雪白

  像孤独一样鲜红

  像沉默那样雪白

  像野兽神经那样鲜红

  像神的心脏一般的雪白

  像溶解出来的憎恶一般鲜红

  像冰冻的感叹一样的雪白

  像吞噬夜晚的影子那样鲜红

  像射穿月亮的叹息那样

  雪白光辉鲜红散尽

  第十八卷:碎蜂

  THEDEATHBERRYRETURNS死神一护归来

  あなたの影は密やかに

  行くあての无い毒针のように

  私の歩みを缝いつける

  あなたの光はしなやかに

  给水搭を打つ落雷のように

  私の命の源を断つ

  你的影子就像是

  毫无目的的毒针一般

  将我的去路给缝死

  你的光芒就像是

  轻柔地的打在水塔的雷一般

  断绝了我的生命之源

  第十九卷:黑崎一护

  THEBLACKMOONRISING黑月当空

  そう、何ものもわたしの世界を変えられはしない

  没错,不管是什么,都无法改变我的世界

  第二十卷:市丸银

  ENDOFHYPNOSIS梦醒时分

  美しきを爱に譬ふのは爱の姿を知らぬもの

  丑きを爱に譬ふのは爱を知ったと奢るもの

  将爱形容为美丽的是不了解爱的人

  将爱形容为丑陋的是自以为了解爱的人

  第二十一卷:平子真子

  BEMYFAMILYORNOT成为我的同类吧

  この世のすべては、あなたを追いつめる为にある

  这世上的一切,都是为了将你赶尽杀绝

  第二十二卷:乌尔奇奥拉

  CONQUISTADORES征服者

  我等の世界に意味など无く

  そこに生きる我等にも意味など无い

  无意味な我等は世界を想う

  そこに意味は无いと知ることにすら意味などないというのに

  在我们的世界中没有什么意义

  生存于这个世界的我们同样不含意义

  无意义的我们思索这个世界

  甚至连知晓此处没有意义都没有任何意义

  第二十三卷:斑目一角

  MALASUERTE厄运

  俺たちは滝の前の鱼俺たちは笼の中の虫

  俺たちは波涛の残骸髑髅の锡杖力の奔流それを呑む鲸

  俺たちは五本角の雄牛俺たちは火を吹く怪物泣き叫ぶ子供

  ああ俺たちは月光に毒されている

  我们是瀑布前的鱼我们是铁笼中的鸟

  我们是波涛的残骸骷髅的锡杖力量的涌动将其吞噬的鲸鱼

  我们是五支角的公牛我们是喷火的怪物号啕大哭的孩童

  啊啊,我们都中了……月光的毒

  第二十四卷:葛力姆乔

  IMMANENTGODBLUES神之蓝调

  どいつもこいつも全部つ壊れちまえ

  这个也好那个也好,全他妈给我砸烂

  第二十五卷:白一护

  NOSHAKINGTHRONE不可撼动的王座

  我々は皆

  生まれながらにして死んでいる

  终焉は常に

  始まりの前からそこに在るのだ

  生きることが

  何かを知り続けることならば

  我々が最后に知るものこそが终焉であり

  终焉をついに见出し

  完全に知ることこそが

  即ち死なのだ

  我々は何かを知ろうとしてはならない

  死を超越できぬ者は

  何ものも知ろうとしてはならないのだ

  我等众人

  出生之始便注定了死亡

  结局往往

  在开始之前便已存在

  活着这种事

  如果是为了不断获取的话

  那么我们最后获得的正是结局

  结局最终浮现

  完全得知的事

  正是所谓的死亡

  我们本不需要知道

  无法超越死亡的凡人

  什么都不需要知道

  第二十六卷:露比

  THEMASCARONDRIVE引发虚化的力量

  私の胸に深く突き刺さるその声は鸣り止まぬ歓声に似ている

  深深刺入我胸膛的声音,如同你无法抑制的欢呼

  第二十七卷:井上织姫

  GOODBYEHALCYONDAYS告别无忧时光

  私达

  一つとして混じりあうものはない

  二つとして同じ貌をしていない

  三つ目の瞳を持たぬばかりに

  四つ目の方角に希望はない

  五つ目は心臓の场所にある

  我们啊

  每一个不是相互融合的存在

  两个人彼此没有同样的外貌

  三双眼无人拥有这样的视线

  向四方似乎都看不到希望

  第五处有一个叫心的所在

  第二十八卷:多尔多尼

  BARON'SLECTUREFULL-COURSE男爵讲座全记录

  主よ、我々は

  孔雀を见るうな目つきで

  あなたを见る

  それは期待と、渴仰と

  恐怖に似た底知れめものに

  缘取られているのだ

  主人啊

  我们是用看孔雀的目光

  来看你的

  就像是在期待、渴仰、恐怖

  这些抽象的概念上

  镶上了边框

  第二十九卷:缇鲁蒂

  THESLASHINGOPERA残酷的舞台

  ただ执拗に饰り立てる

  切り落とされると知りながら

  ただ执拗に磨き上げる

  切り落とされると知りながら

  恐ろしいのだ恐ろしいのだ

  切り落とされるそのときが

  切り落とされたその髪は

  死んだあなたに似てしまう

  髪も爪もみな宝物のように

  美しく饰り立てるのに

  なぜ自らの身体から切り离されただけで

  汚く不気味なものとなってしまうのだろう

  答えは简単

  それらは全て

  自らの死した姿にほかならないからだ

  只是执拗地加上漂亮的装饰

  尽管知道终将被剪去

  只是执拗地将其擦亮

  尽管知道终将被切下

  很害怕很害怕

  当被切落的时刻

  那被切落的发丝

  就像死去的你

  头发和指甲都像是宝物

  被加上美丽的饰品

  但为什么当被与身体分割开的时刻

  竟是如此肮脏恶心

  答案其实很简单

  因为那就是自己死亡的姿态

  第三十卷:志波海燕

  THEREISNOHEARTWITHOUTYOU心在你那里

  その疵深し、海渊の如し

  その罪赤し、死して色无し

  那伤痕,有如海沟般深刻

  那罪孽,于死后褪去血色

  第三十一卷:萨尔阿波罗

  DON'TKILLMYVOLUPTURE别毁了我的乐趣

  世界一嫌いだと言ってくれ

  请你说我是世界上最讨厌的人

  第三十二卷:葛力姆乔

  HOWLING仰天长啸

  王は驱ける影を振り切り

  铠を鸣らし骨を蹴散らし血肉を啜り

  轧みを上げる心を溃し

  独り踏み入る遥か彼方へ

  王者在追赶,割裂暗影,支离破碎

  铠甲在震响,踏散骸骨,噬饮血肉

  吱嘎作响时,心却在崩溃

  孤独地踏入,遥远的彼方

  第三十三卷:诺伊特拉

  THEBADJOKE冷笑话

  俺达は虫

  不挥発性の

  恶意の下で

  这い回る蠕虫

  首をもたげる

  月より高く

  怜れなお前等が

  见えなくなるまで

  我们是虫

  是驱不散的恶意之下

  来回爬动的蠕虫

  仰起头

  比月亮还要高

  悲哀的汝等

  不在我的视野中

  第三十四卷:妮莉艾露·杜·欧德凡修克

  KINGOFTHEKILL杀戮之王

  私に翼をくれるなら

  私はあなたのために飞ぼう

  たとえばこの大地のすべてが

  水に沈んでしまうとしても

  私に剣をくれるなら

  私はあなたのために立ち向かおう

  たとえばこの空のすべてが

  あなたを光で射抜くとしても

  我鼓动着双翼

  我将为你而飞翔

  仿似这大地的一切

  即将完全沉入水中一般

  我挥舞着长剑

  我将为你而面对外敌

  仿似这晴空的一切

  即将射放出刺穿你的光芒一般

  第三十五卷:涅茧利

  HIGHERTHANTHANMOON月亮之上

  产まれ堕ちれば、死んだも同然

  一旦生下来,就等同于死亡。